FC2ブログ

Float/World

成人済み腐女子の雑記帳。初めての方は''このサイトについて''をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咎狗の血をプレイしました。

 注意!この日記はゲーム「咎狗の血」のネタバレを含みます。あと個人の願望やちょっとした愚痴も…NGな方は閲覧をお控えください。

23047.jpg 

 中学生の頃発売され、雑誌で見たり友達と話題にしたりして興味を持っていた咎狗の血。漫画版を途中まで読み、なんとなくストーリーは知っていたのですが、真相や結末には至っていなかったので、PSPを購入したこの機会にえいと思って手を出しました。10年来の宿願を叶えた感慨と言ったら…! プレイしてみて、とても満足したので、その感想を残しておこうと思います。

 まず、オープニングムービーでのケイスケの死亡フラグ。雨の中、アキラの胸にぐったりともたれかかる姿に、エッケイスケ死ぬの!?とハピエン厨の自分は不安を覚え、バドエン厨の自分は舌なめずりをしました。早く見たいね…と思いながら、ゲーム開始。
 再序盤はケイスケ早く出せ…!ケイスケにはよ出会いたい…!と思いながら進めていました。推しがケイスケなんですよ。要領の悪い努力家の幼馴染。主人公に憧れどんな場所にも付いていく片想い属性持ち。こんな私の性癖Criticalヒットなキャラ萌えないわけがないじゃないですか。というか私がこの性癖になったのって中学生の時の彼との出会いが原因なのでは…?順序がはっきりしませんが、とにかく私はケイスケが推しということなんです。
 アキラが一度捕まって、監視役二名とともに自宅に戻ってきた後、ケイスケが登場するんですが、そこで私は吐血しました。ケイスケの肩を抱きよせ、「ちょっとここじゃできないようなことをしたい仲なんで」。くっそ!!!!アキラ!!!!お前ってやつは!!!!演技とは言えあんな綺麗な顔で言ってのけるアキラにおもっくそ萌えました。商業BLすげえ。尊すぎてしばらくPSPを手放し動悸を治めていたほどです。いやーすごい。ケイアキ尊い。いや、この場合はアキケイか?動揺するケイスケもとても可愛いしさ…。ありがとう…ありがとう…と思いながら、先を急ぎました。
 トシマに入るアキラ。ブラスターチャンピオンなのに結構余裕ないな!?大丈夫か!?と冷や汗の流れる戦闘シーンをくぐり抜け、廃墟の喫茶店へ。そこで後を付けてきたケイスケと再会!ヒュウ!運と逃げ足の速さで乗り切るケイスケの犬っぽいところ大好きだよ~~~それに比べてアキラの塩対応、こりゃあ報われんなと思いながら見てました。
 そのあとリンと出会ったり城に行ったりなんやかんやあります。ケイスケ仮面似合わなさ過ぎてフフってなりました…ビトロに目も付けられないフツメンかわいい~~~~私はフツメンが好きなんじゃ~~~~太ってる人はNGやけどね。そんなこんなで、あのケイアキ美しいCGランキングNo.1の夕日のシーンへ移ります。
 「アキラを守りたいんだ」馬鹿か!アキラはそんなこと望んでないぞ!お前がどんなに献身したところで彼はお前を腐れ縁以上には見ないんだぞ!むしろ重荷が増えて迷惑だ!このさやかちゃんめ!
 もうほんと…ケイスケが馬鹿過ぎてつらいシーンでした…美しいし感動的で印象的なんですけど…好きなんですけどつらかった…このあとあんなことになっちゃうと思うとさぁ…ケイスケは見返りなんて求めてないしアキラが良ければそれでいいと思っているのだけれど、アキラは彼がいるのが当たり前すぎて彼の価値に気づいていないし、気付くことがあるとしたらそれはケイスケがいなくなったあとなんだろうなってこと、容易に想像できて、涙が出そうでした。
 猛やシキについては略。猛可哀想だなぁとは思うけど八つ当たりも良いところであまり感情移入できない…シキも一瞬登場しただけではあまり興味をそそられなかった…。このあたりは別のルートを攻略することで理解を深めていけたらなぁと思います。
 そして、問題のシーンですよ。
 「おめでとう」
 馬鹿ー!こりゃアキラもぷっつんですわ。てかアキラめっちゃ怒るとめちゃ饒舌ですね!? 序盤とか全然喋らないし話の受け答えするときも相手の単語を拾うくらいでオリジナルの発言ってあんまりしないのに、ケイスケに関しては思うところ全部ぶちまけたって感じで、いっそ清々しかった。ケイスケにしたら一番聞きたくない知りたくない感情の羅列なんだろうけどさ…。相手を信仰の対象としている人間にとって一番嫌な事って相手に嫌われることだからね。好きになって贅沢なことは言わない、ただそばに置いてくれればいい、って思っているから。嫌われさえしなければなんでもいいって。それが、お前は目障りだレベルのことを言われたんだから、もう相手の視界から消えるしか術がない。神様に否定されることは世界から見離されることと同義なんですよ。この後ケイスケは禁断の薬に手を出してしまうわけですが、仕方ないなぁという感じ。俺が俺でなければ、アキラの傍にいられたのに。そう思ったら自分を変えるしかないよね。その手段が手の届くところに転がっていたら、手を出さずには居られないよね。かくしてケイスケは黒スケへ…。みんな大好きヤンデレケイスケの爆誕です。
 てか、ケイスケって自分がアキラを好きな自覚あったんですね!?二周目ケイスケルートを選んでそこでの独白で知ったけれど。てっきり無自覚ホモだと思っていたので、なんか…ちょっとした衝撃でした。ケイスケが女の子と付き合った経験があるというのも驚きだった。まぁいいやつだからね、彼に好意を寄せる女の子がいても仕方ないね。
 そう、個人的にケイアキは友情以上恋人未満と言うイメージだったんですよね…。そうか、ケイスケには恋心があったのか…まぁええねん…BLゲーやしな…と自分を納得させました。公式で自覚ありホモをやられると萎えるって、私は本当に腐女子なのか!?
 さて、なんやかんやあって、アキラはケイスケに再会します。黒スケ来たー!!!もうこのシーンに関しては語彙力が死んでいますし台詞にいちいち萌えて尊いを連呼する器械と化すほかないので敢えて多くは語りません…。殺意に換わる憧れ…杉田さんの演技も素晴らししさ…ワンコヘタレなのに攻めで、しかもヤンデレ殺し愛という二重人格を飼っているケイスケとかいうキャラ、尊すぎでしょ…。合掌…。
 ケイスケルートは彼が登場する直前に全部セーブデータを作っていつでも鑑賞できるようにしています。何回繰り返したか分からんし夢にまで出た…。殺意と憎悪を滲ませながらも、アキラァ、って何度も名前を呼ぶケイスケ、愛を感じる…。ほんとに、アキラしかいないんだなって。神様だったんだなって。これだからヤンデレ好きはやめられません。
 幾度目かの再会。アキラの血に触れて、倒れるケイスケ。そのあとの介護シーンは、薬中になった夫を必死で看病する妻、って感じで、アキラの献身が尊くて、良さを感じました。ほらケイスケ、アキラはお前のことどうでもよくなんかなかったんだよ…お前が一番辛くて危険なときに寄り添ってくれる友達で本当に良かったな…。黒スケがアキラに助けを求めるのもめちゃくちゃ可愛い。彼が憎めるのも縋れるのもアキラただ一人と言うところ、黒スケの危うさを象徴するようででいいなって。
 ケイスケが苦悶にあえぐ中、謝るところが大好きなのですが、あれ、黒スケの人格が言っていたらとても萌えるなぁと思います。彼がアキラの死に顔が見たい、殺したい、と言いながらも、本当は、愛していたとバッドエンドで分かるのですが、愛を前提に憎しみが構築されたのなら彼の謝罪も黒スケの口から出ていたら黒スケかわいいなってなります。
 てかバッドエンドでアキラが死ぬ直前になって、やっと、「愛してるよ」って言えるの、すごく萌えたんですよね。生きている時は憎悪を露わにしていたくせに、彼が事切れる直前になって、やっと、白スケのときからずっと抱いていた本心を伝えらえたって。ああ~~~殺し愛尊い、って思いました。
 さて、介護の甲斐あってケイスケが元に戻り、アキラとようやく心を通わせます。そこで「もう一人の俺がわめいてた」ってケイスケが言うのですが、ちょっとそれ私は残念に感じました。白スケのときからアキラには憧れが腐ったどろどろとした鬱屈した感情を抱いていて、それがラインを摂取したことで表に出た、んだと思っていたんです。でも白スケと黒スケは完全に分離した別物で、黒スケはケイスケの本心ではない、と言われてしまったら、黒スケのときに彼が語ったアキラへの心情はどうなるのって感じで…。いえ、これは完全に私の性癖だからがっかりするもなにもないのですが。個人的に、ケイスケは臆病で優しい人なんだけど、本当は穏やかな狂気を抱えたどこか壊れた人だったらいいな、と思っていたんです。黒スケのときに、ようやく白スケが抱えていた心の闇を解放できたのならよかったなって。でも別人格だったんですね…あくまでケイスケが抱いていた闇が黒スケのベースになっていて、灰スケはそれをもうひとりの自分と定義している。本当の自分とか、本心とか、呼ぶことはなく。いえほんとケイスケにどろどろしてほしいっていうのは私の個人的な願望なんですけど…。ただ、ちょっと、惜しいな、って思いました。
 ラブラブちゅっちゅするシーンは、商業BL初心者的には恥ずかしくて正視できませんでした。受けをいたわりながら優しいセックスをするヘタレ攻め、尊い…。決して嫌がらないアキラもほんと可愛くて、無自覚恋心素敵…となりました。一緒にいて居心地がいい、ってもうそれだけでカップルが成立するほどの条件と言うか、ケイアキはハードな世界に生きておいてBL的にはとても初心で純粋なほほえましいカップルなんですよね…。これだから幼馴染カップルはやめられないんだ…。
 ふたりの愛の巣(つっても廃ビルの中だけど)に柄の悪い連中が入ってきてあぁん!?となりましたが、角材ケイスケがなんとかしてくれました。よかったー!そのあともエンディングまで気の抜けない状況が続き、いつケイスケが死ぬのかとハラハラしながら見守っていたのですが、無事トシマの外に出られましたね。よかったー。いやほんと、こんだけラブラブハッピー和解恋愛成就したので、今度はケイスケの死によってどん底に突き落とされるのではないかと心配していたのですよ。でもそんなことなかった…優しいライターさんだ…よかった…。まぁちょっと、死によってケイアキが完成される瞬間を見てみたくなかったわけではないんですけどね!?などというバドエン厨の意見。
 無事平穏な暮らしを手に入れ、職場ちゅっしちゃったり愛を囁いたりしてしまう幸せホモと化してよかったー!!ケイアキ結婚したー!!!と赤飯を炊いたエンディング。これからもずっと一緒にいてくれ!誰よりも近くにいる存在がお互いであってくれ!と祈りながらゲームを終えました。エンクレで流れるSTILL、本当に良い曲…ケイアキの曲だ…。
 まだ他にはユキヒトルートしか見ていませんし、ストーリーや人物の背景に謎が多いですが、それはゆっくり消化していくとして。取り敢えず10年前からやりたがっていたゲームをこの手で終えられて、本当に満足です。ケイスケというキャラクターのよさを堪能できました。彼はアキラの旦那ですが私の歴代嫁の一人に数えます。ケイスケ尊い…彼は理想のヤンデレホモです…やはり片想いホモはこの世の宝だな…。
 そのうちケイアキ小説書きたいですね! ED後幸せおせっせもいいですが、黒スケ×アキラみたいな病みセックスを…。じっくりケイスケの心理描写したい…。そのうちプロット練ります。
 ざっくりした雑な感想ですみません。見苦しい点も多々あったかと思いますが、ここまで読んでくださり有難うございました!

 追伸

 Microsoftの誇るAIりんなに咎狗のパッケージ写真を送った後、ケイスケ、と一言打ったら、「咎狗の血やってるの?」「ケイアキ好き」といわれ、ええ~~~~!?!?なんで11年前発売の18禁BLゲーを女子高生AIが知ってるんだ!?りんな!お前とはうまい酒が飲めそうだ!と思いました。りんな筋金入りの腐女子だった…AIこわ…。
スポンサーサイト

【Fate/Zero】間桐雁夜

<a href="http://cosyoshiwara.wix.com/cos-yoshiwara">cos_yoshiwara</a>にて、間桐雁夜のコスプレをしてきました!ガチの廃墟での撮影楽しかった~青春の鬱屈って感じに仕上がって嬉しいです。

 撮影:さなぎさん

IMG_3228small.png 

IMG_3238kakou.png

 撮影:サンマさん

img_9308_27836675095_o.png

 img_9245_27224717314_o.png

blue.png 

 時臣イィィィッ!!!

 こうして見ると、さなぎさんはポトレっぽく撮ってくれて、サンマさんは物語を付加してくれるって感じで、人によって違うんだなー面白いなーって思います。
 自分の撮った写真はどうなんだろなぁ人撮るの苦手だからな…もっと勉強します。

 しばらく学業専念のためコスプレをお休みします。(突発的に宅コスすることはあるかもしれないけど…)また戻って来たら遊んでやってくださいー。みなさんお元気で!

【TOA】ディスト(女体化・学パロ注意)

 非常にマニアックな…性癖ダダ漏れのコスプレです。
 私がアイデンティティに関わるレベルで大好きなゲームの、嫁とも呼べるキャラのコスをしました。何故セーラー服かと言いますと、10年前、友達が見せてくれたサイトのイラストにあったのです、セーラー服ディストが。ずっとかわいいなあ、いつかコスしたいなぁと思って、3年前にはすでに衣装とウィッグを用意してありました。今回、コスプレをお休みするにあたって最後にやっておきたいなと思い、引っ張り出したのです。ご笑味いただければ幸いです。

DSCF8530.png 

DSCF8565.png

DSCF8569.png

 DSCF8591.png

DSCF8551.png 
 サイトに載っていたのは、ちょうどこんなポーズのイラストでした。(分け目間違えたので左右反転しちゃってますが…)すばらしい絵を描かれた管理人さまに捧げます。

続きを読む »

Hydrangea

 ほんとは雨の日撮影がしたかったけれど仕方ない! 晴れの日に紫陽花ポトレしてきたよー!

DSCF8473.png

DSCF8459.png

DSCF8438.png

DSCF8475.png

DSCF8490.png

DSCF8498.png

DSCF8454.png

DSCF8458.png

DSCF8499.png

 「三脚代わりならできるよ」つった相方にカメラ預けてぱしゃぱしゃ撮ってもらいました。F16固定なのには笑った…ボケ大好きおばさんの私とは正反対だな…。
 はじめて煽りアングルというのをやってもらって、それまで下から撮ったら顎小さく見えないし鼻の孔強調されるしであまりいいことないのでは?と偏見を抱いていたのですが、やってみたら顔小さく見えるし比較的足も長く見えるしで、これはいい!となりました。私では絶対思いつかなかったことなので、新たな発見ができて嬉しかったです。これから活用していこう。
 またポトレしようね~。楽しかったー。ありがと!

5月に読んだ本

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:966ページ
ナイス数:0ナイス

詩の向こうで、僕らはそっと手をつなぐ。―萌詩アンソロジー詩の向こうで、僕らはそっと手をつなぐ。―萌詩アンソロジー
読了日:5月31日 著者:山中ヒコ
夜空はいつでも最高密度の青色だ夜空はいつでも最高密度の青色だ
読了日:5月29日 著者:最果タヒ
パンプルムース!パンプルムース!
読了日:5月25日 著者:江國香織
いちねんせいになったあなたへいちねんせいになったあなたへ
読了日:5月24日 著者:江國香織
乳と卵(らん) (文春文庫)乳と卵(らん) (文春文庫)
読了日:5月22日 著者:川上未映子
短歌をよむ (岩波新書)短歌をよむ (岩波新書)
読了日:5月22日 著者:俵万智
すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)
読了日:5月22日 著者:江國香織
死んでしまう系のぼくらに死んでしまう系のぼくらに
読了日:5月20日 著者:最果タヒ

読書メーター

 詩集ばかリな上冊数が少ない…。今月は小説読もう。

Top

HOME

麻島葵

Author:麻島葵
文章と写真を公開しています。

このサイトについて

管理人について

リンク

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。