FC2ブログ

Float/World

成人済み腐女子の雑記帳。初めての方は''このサイトについて''をご覧ください。

銀の庭と25話の感想と400円のノートを3冊買った話

 好きな人がいた。
 優しくて、繊細で、勇敢で、誰よりも幸せになってほしくてうわあああああ

 好きな人が「自分も誰かにとっての何かになれたらいいなと思う。」って書いててさ。
 あなたは私にとっての銀の庭なんだよ、あなたのことを想わなかった日なんてないんだよ、大切な人なんだよ、って思ったけど。
 きっと彼の言う「誰か」の中には私のことなんか含まれてないのだろうと気付いた。きっともっと身近に関わっている人たちに「何か」だと思われたいのであって、高校まで同じだっただけの私のことなんてもう忘れちゃってるんだろうなって。
 そう思ったら悲しくて涙が止まらなかった。
 
 彼からアド変のメールが届いた時、ちょうど私は彼の夢を見ていた。彼のアドレスは、いつも彼の誕生日を含んでいるから、見知らぬアドレスからメールが届いてもすぐにそれが彼のものだと気が付いた。
 中学も高校もほとんど繋がりが断たれている中で、いまだにアド変のメールを送ってくれるのって、彼と、学生時代の元彼くらいだ。
 今日はそんな、ちょっとだけ、良いことのあった日だった。

 25話の感想を書かなきゃと思うのですが、未だに公式から差し出されたものを受け取り切れていないというか、自分の中でうまく消化できていないというか、文章にすることが難しい状態です。
 あれは、何? 夢オチなの? メリバ? 五人が去った箱庭で日常の夢を見続けている長男という認識で合ってる? メタ視なくして解釈の成り立たない話ということ?
 でもなぁ…私の尊敬する方が、両手をまっすぐに広げて最終話を受け取っているのを見て、うーん私の見方は違うんじゃないかと思って…24話に関してもその方とは解釈が異なっていて、私一人の頭では理解の及ばないことが多過ぎる。
 個人的に、超個人的には、私は「手紙」の続きを25話でやってほしかった。最終話を最初に見たとき、意味が分からな過ぎて、ここに来てギャグに逃げたのかと憤ったもん。だから、あれがメリバだと自分を納得させることでしか、自分の中のおそ松さんを神アニメとして定義し続けることが難しかった。
 期待していたハッピーエンドとは違ったけれども、そう見えてしまうのは私が未熟だからなんだろうなぁ…私は平成ニートの物語を受け取るには、まだまだ経験不足だったということだ。なんかいろいろ頑張ろうと思う。
 更に続編が作られるみたいな伏線が散りばめられていたということで、そこで本当の最終回が描かれることを待ち望みながら、今後もまったりと松を追っていこうと思います。
 半年間本当に楽しかったです。こんな自分でも青春をまだまだ生きていていいんだと、許されたわけではないけれどそんなメッセージを受け取った気がして、少しだけ前向きになれました。ありがとう、おそ松さん。 

 どうでもいいですけど、今日はノートを三冊買いました。万年筆でしっかり書けるそれなりにお値段のするやつ。ポイントカードを忘れたのは痛かった。
 明日から学生が社会人になったり、社会人がニートになったりしますね。「葵ちゃんは勉強好きだもんね。勉強は一生続けていいんだよ」と言われた私は、一生全力モラトリアムを目指そうと思います。
スポンサーサイト



« 3月に読んだ本|Top|24話 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tfwins.blog27.fc2.com/tb.php/117-59dcd558

Top

HOME

麻島葵

Author:麻島葵
文章と写真を公開しています。

このサイトについて

管理人について

リンク

名前:
メール:
件名:
本文: